おひたし作り。ほうれん草篇

水菜のおひたしに続いて、ほうれん草のおひたしを作ります。
水菜のおひたしの記事はこちらをご覧下さい。

ほうれん草をきれいに洗います。
根元に十時の切れ目を入れます。

ほうれん草を2〜3株ずつゆでます。塩は入れません。
一度にたくさんゆでないので、お湯はたくさん要らないです。
水菜をゆでたのと同じお湯で。
茎を20秒、葉を入れて20秒くらいです。
あまり長くゆでると、えぐみとか出てくるらしいときいて、
短時間ゆでにしてみたら、おいしい!
40秒くらいで十分みたいです。

すぐに冷水にとります。
いい色にゆであがりました。
ちょうどいい感じです。

作っておいただし汁にひたして、時間を置けば完成です。
おすすめは一晩。
待てないときは20分くらい。

お皿に盛りつけて、すりごまをふって完成です。
今回その写真を撮り忘れてしまいました。
あーあ。申し訳ありません。

だしの味がよくしみて、おいしいほうれん草のおひたしができました。
これは間違いなくおいしいおひたしですね。
おひたしといえば、ほうれん草が有名だと思うんですが、
食べればその理由がわかります。

キングオブおひたし。言い過ぎかな?

ほうれん草を買ったらまた必ず作ります。
本当においしいー。

iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ボウル 2.5L 外径25cm KBC325

新品価格
¥678から
(2019/4/16 03:09時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする