存在感のある一品、そら豆のおひたし

最近のマイブームのおひたし。
春は豆のおいしい季節なので、
今回はそら豆を使ってのおひたしを作ってみようと思います。

そらまめといえば普通は塩ゆでなんかが一般的ですけれど、
あえておひたし!
なんでもおひたしにしてみるぞー!というほど気に入っています。
作ったことがないので、どんなふうになるのか楽しみです。

まず、おひたしのだし汁の準備。
だし汁(昆布とかつお)カップ1程度に塩少々、みりん(煮きったもの)、薄口醤油少々を入れます。
だし汁は前日にとっておいたので、いる量だけ出せばいいので楽です。
せっかくのおひたしですから、おいしいだしで作って食べたいです。

次にそら豆の準備です。

そら豆をさやから取り出し、薄皮をていねいにむきます。
薄皮をむいた方が味がしみやすいと思われるので、
頑張ってむきます。

豆の黒くなっているあたりに包丁で切れ目を入れて、手でやさしく皮をむきます。

アップにしすぎて写真がぼやけちゃっています。
申し訳ないです。

全部の豆の薄皮をむき終わりました。
これだけの量でも結構時間がかかりましたー。

豆をさっと洗って、熱湯で2〜3分ゆでます。

ゆでて湯をきったら、すぐに作っておいただし汁にそら豆を入れます。
どのくらいで味がしみるかわからないので、一晩おいてみます。

翌日になりました。
そら豆のおひたしの完成。
お皿に盛りつけて、早速いただきます。

見た目はそれほど変化はない感じですが、味はどうなんでしょう?

食べてみると、思いのほかだしがしみ込んでいます。
そら豆の少しほくほくとした食感や香りはそのままな感じです。
なるほど、こうなるのかー。
量は少ないですが、存在感のある一品になりました。

思ったことは、けっこう味がしみやすいみたいなので、薄口醤油がは微量か
塩だけ入れるというのもいいかもしれないなぁと思いました。
やっぱり豆は塩味が合う気がします。
みりんはあってもなくてもいいのかな?
その辺りは好みでしょうか。

今回は作ったことのないそら豆のおひたしを作ってみました。
薄皮までむいたりと、かなり手間のかかったものになりましたが、
いつもとは変わった一品ができてよかったです。

ちなみに、このそら豆のおひたしは子供は食べませんでしたー。
豆は全般に見た目から拒否されています。
嫌がるものは無理矢理食べさせないようにしています。
まあ、そのうち食べるようになるでしょう。

シェアする

フォローする