旬のたけのこで、おいしいたけのこご飯ができました

たけのこのあく抜きの下準備が終わり、いよいよたけのこご飯を作っていきます。
今回も土鍋でおいしく炊いていきます!
下準備の記事はこちらです。

お米は3合を洗ってざるにあげて30分くらい置きます。

たけのこは縦半分に切ってから、縦4~6等分に切ります。
根元側から薄いいちょう形に切り、柔らかい穂先は薄いくし形に切ります。

鶏もも肉を縦1cm幅に切り、さらに小口から細かく切って酒大さじ1ほどをふりかけておきます。
酒で鶏肉のクセを取ります。

鍋に湯を沸かしてたけのこを入れ、再び煮立ったら約30秒間ゆで、湯をきります(霜降りといいます)。

たけのこは霜降りにして余分な水けを抜くと、ご飯がべシャッと水っぽくならず、煮汁も含みやすくなるので、大切な手順です。
見た感じもすっきりとした感じがしますね。

鍋にだし2カップ、砂糖1と1/2、薄口醤油大さじ1、塩小さじ1、酒大さじ2を入れて火にかけます。

煮立ったら、たけのこを入れます。

次に鶏肉を入れ、中火でアクを取りながら3~4分間煮ます。

3〜4分煮ました。もうこれだけでもおいしそうです。

煮たら、ざるにあけて、煮汁と具に分けます。
こちらは煮汁。
・煮汁に水を加えて540ccにします。
水加減は好みで加減してくださいね。

いよいよ炊いていきます!
・土鍋に洗い米と煮汁を入れてふたをして強火にかけます。

・沸騰してきたら、たけのこと鶏肉を加えふたをして、中火にして7分炊きます。
沸騰は鍋のふたから湯気がはっきりと見えたらOKです。

ふたを開けて、すばやくたけのこと鶏肉を入れるのは、
写真も撮るから大変でした。

・さらに弱火にして15分炊きます。
・火を止めて5分蒸らします。

たけのこご飯が炊きあがりました。

しゃもじでさっくりと混ぜて、ふきんをかぶせてふたをします。
ふきんをしておくと、ご飯に水滴が落ちないのでいいですよ。

この技は今後ご飯炊くとき活用しようと思います。
土鍋で炊いたご飯に水滴が落ちてしまうのが気になっていました。
なるほど!の技ですね。

ご飯にはたけのこと鶏肉とだしがきいています。
たけのこにもだしと鶏肉の味がしみていて、とっておもおいしいたけのこご飯ができました!
たけのこがやわらかーい!

余っているたけのこご飯をおにぎりにしてみました。
これをラップして冷凍しておきます。
しかし、たけのこがごろごろたくさんあって、すぐ崩れるなぁ。

今回は贅沢にたけのこたっぷり入れて作りました。
こんなことなかなかないです。貴重。
本当においしいたけのこご飯ができて大満足です。

〈今回使った材料〉
米 3合
たけのこ 380g
鶏もも肉 1/2枚
砂糖 1と1/2
塩 小さじ1
薄口醤油 大さじ1
酒 大さじ2

参考にしたレシピはこちらです。
材料の量が微妙に違うので、作り方等も含めて少しアレンジしました。
柳原さんのレシピは本当においしいです。
作り方も丁寧で間違いないです。

お米は青天の霹靂を使用。
一度買って気に入って、何度もリピートしています。
おいしいお米ですので、こちらもぜひお試しくださいね。

【精米】青森県産 青天の霹靂 5kg 平成30年産

新品価格
¥2,880から
(2019/5/24 13:50時点)

シェアする

フォローする