ちょっとめずらしい野菜、アイスプラントでおひたし作り

スーパーの特売でアイスプラントが売られているのを見つけました。
すごく前に一度食べたことがありましたが、あまり見かけない野菜で、
今回久しぶりの遭遇です。
国産野菜で安心。
特売で1パック98円。珍しいなぁと思って1パック買いました。

見た目はこんな野菜です。
葉や茎は柔らかくて、全体に透明のぷちぷちしたものがついています。
水滴じゃないです。

拡大してみるとこんな感じです。ぷちぷちしたものがあるのがよくわかります。
これは、体内に侵入した塩類を隔離するための細胞だそうです。
アイスプラントは乾燥に耐えるとともに、耐塩性が高い塩生植物一つであり、海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能とのこと(Wikipediaより)。

要するに、塩分が含まれたところなんですね。
なので、そのまま食べてもほんのり塩味がする野菜です。
味はクセがなくて、風味とかは特にないです。

今回はこのアイスプラントをおひたしにしてみます。
1パック買って、半分はサラダにして食べてしまいましたので、残り半分。
ちょっとしかないです。
珍味レベルのおひたしですね。
まあ、今度いつめぐりあえるかわかりませんし、いろいろな食べ方で食べてみましょう!

まずはおひたしのつけ汁の準備から。

量が少ないので、つけ汁も少ないです。
そして、葉っぱにも塩味があるので、塩分も控えめにしてみました。
まったくどんな味になるか想像つかないですが、とりあえず和風だしベースにしてみたいと思います。
昆布と鰹の合わせだし大さじ2、薄口醤油小さじ1/2、みりん小さじ1(煮きったもの)を合わせておきます。

鍋にお湯を沸かし、アイスプラントを10秒ほどゆでて冷水にとります。
ゆですぎると、ぷちぷちの食感が失われるらしいので、
本当に一瞬だけゆでたらいいと思います。

ゆでると、少ししんなりとして色鮮やかになりました。
ぷちぷちしたものは消えていないです。

ペーパータオルで水気を拭き取ります。

つけ汁にゆでたアイスプラントを入れます。
このまま一晩置いてみます。

翌日。
一晩経ったアイスプラントのおひたしです。
色が落ち着いて、しんなり感が出ています。

盛りつけていただきます。
どんな味になっているんでしょう?

アイスプラントのおひたしの完成です。
食べてみると、ぷちぷちとした食感はしています。
繊維質はあまり感じられなくてやわらかくて、シャキシャキした食感です。
何にたとえたらいいのか考えたんですが、
アロエ、うーん、食べたことないですが、サボテンぽい感じがします。
リポートというのは難しいですね。

アイスプラント自体にはあまり風味とかいったものがないので、
だしがしみたシャキシャキしたおひたしになりました。
この食感は他に似たものがなくて、本当に伝えるのが難しいです。

思ったよりあっさりとしたおひたしになったので、一口食べてみて、
オリーブオイルをかけてみました。
これはすごく合っていまして、いい感じになりました。
もし食べてみて物足りないなぁと思ったら、オリーブオイルかけてみてもいいですよ。

アイスプラントのおひたし作ってみましたが、生でたべるより食べやすくていいと思いました。
主人は食感が苦手だといって言っていました。私は全然大丈夫でした。
普段食べ慣れない食感なので、好きじゃない人もいるかもしれませんね。

めずらしい野菜なので、見かけたら一度食べてみるのもいいかもしれないです。
ミネラルやβカロテンが豊富に含まれている野菜だそうで、
身体にもいい野菜です。

藤井器物製作所 3WAY水切りボール

新品価格
¥1,442から
(2019/5/31 02:55時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする