とってもおいしい!!おかずにもおにぎりの具にもなる、鶏胸肉の味噌漬け

スーパーの特売で鶏胸肉が安くなっているのを発見。
今回は鶏胸肉の味噌漬けを作ろうと思います。
ささみの味噌漬けは時々作っていて、胸肉はささみのストックがある為作らないことが多くなってしまいます。
今はささみの味噌漬けのストックはないので、鶏胸肉の味噌漬けを作ってストックします。

まず、鶏胸肉の下準備からです。
今回使うのは鶏胸肉2枚、

軽く塩をふって20分以上置きます。
余分な水分とクセが取れます。

私は晩ご飯の支度の時にふって後で味噌を塗ろうと思っていたら、
忙しくて味噌を塗れず、そのまま冷蔵庫で一晩置いてしまいました。

塩を振って一晩置いた鶏胸肉です。
水分がしっかり出ていて、一晩置いておいてもよかったのかなぁと思いました。
鶏胸肉から出てきた水分をペーパータオルでしっかり拭き取ります。

一枚まるごとだと大きい気がしたので、適当な大きさに切りました。
皮は取っていません。気になる方は取ってくださいね。

白味噌120gに酒を大さじ1入れてよく混ぜます。
今回お肉が5切れあるので、味噌を5等分しておきます。
味噌を平にならして、箸などで切れ目入れていきす。
こうしておくと、味噌を塗っていくうちに余りすぎたり、足りなくなったりしないので便利ですよ。

あまり神経質にならずに、ざざっと味噌をお肉に塗ります。

二重にラップをして、ビニール袋かジップロッックに入れて、冷蔵庫で2〜3日置きます。
一晩でも大丈夫だと思います。
私はしっかり味をしみこませたいので、3日置きました。
これ以上は置かない方がいいかな?

3日経ちました。
味噌を拭き取ってみました。
いい感じに水分が抜けておいしく漬けられていそうな予感です。

すぐ食べない場合はラップしたまま冷凍すれば、いつでも取り出して料理できます。

一切れを耐熱皿に入れてラップを軽くします。
電子レンジ300wでまず3分、裏返して2分。計5分蒸します。
500wだと一気に火が通って、肉がかたくなりそうなので、弱いワット数で加熱します。

そのまま熱が冷めるまで置いておきます。
鶏肉から水分が出てきていますが、捨てずにそのままにします。

ある程度熱が冷めたら、適当な大きさにほぐします。
ほぐして鶏肉から出たスープをからませてラップをして完全に冷まします。
冷める間にお肉がスープを吸ってしっとり旨味のあるお肉になりますよー。

鶏胸肉の味噌漬けを蒸したものが完成しました。
味噌漬けにして旨味の増した鶏胸肉です。
しっとりとしていてそのまま食べてもちょうどいい味です。
ささみの味噌漬けよりやわらかくてしっとりしている印象です。

おすすめは、冷蔵庫で冷やして少しマヨネーズをつけて食べるのがおいしいです。
これはご飯のおかずになります!

おにぎりに入れる場合もまず、使う量だけ小皿に出して、マヨネーズを少しからめます。

白いご飯で包みます。
入れる量はお好みで。
今回は多めに入れてみました。

にぎって形を整えます。
少し塩をふります。

具が多くて、ご飯から少しはみ出しています。
まあ、これくらいは大丈夫。おいしい、おいしい。

のりを巻いて完成です。

中がどうなっているか切ってみました。
鶏胸肉の味噌漬けがぎっしり入ったおにぎりの完成です。

このおにぎりはとってもおいしいです。
お肉がやわらかくてしっとりしていて、おいしく、おにぎりにもとっても合います。
白いご飯と鶏胸肉の味噌漬けと海苔が一体となって、いいおにぎりになります。

この鶏胸肉の味噌漬けは子供が大好きです。
そのまま食べてもおいしいですから、たくさん食べられます。
ヘルシーで、とってもいい食材ですね。
これは定番化決定メニューですね。
家族全員大好きになりました。

【精米】青森県産 青天の霹靂 5kg 平成30年産

新品価格
¥2,880から
(2019/6/3 15:27時点)

シェアする

フォローする