ダンボールで恐竜作り。トリケラトプス篇

最近恐竜に凝っている息子。
図書館に行った時に『恐竜・20 だんボールでつくる』という本を借りてきました。

【新装版】恐竜・20 -だんボールでつくる

新品価格
¥1,296から
(2019/8/15 19:43時点)

ダンボールでいろいろな恐竜を作られるよう、作り方と型紙が載っている本です。

見ているだけでも楽しいですが、やっぱり作りたいということで作ってみることにしました。

材料は、
・ダンボール(5mmの厚さのもの)
・カッター(幅の太いもの。ダンボールがかたいので、細いカッターだと歯が折れるかもしれないので危ないです)
・アートナイフ(これで細かいところや曲線がきれいに切れます)
・カッターマット
・定規(金属)
・ホッチキス(型紙をダンボールに固定する時に使います)
・木工用ボンド
・鉛筆

材料がそろったら、早速作り始めていきたいと思います。

型紙をコピーして、ダンボールに固定します。

型紙を写してもいいみたいです。
写すのは面倒なので、コピーしました。

襟、角、尻尾の部分は表からも裏からも見える部分なので、文字とか柄が入らないようにして下さいね。
他はついていても大丈夫です。

次は紙帯を作ります。
紙帯は、ダンボールを切り抜いた断面をきれいに見せる為に貼ります。

ある程度長細いダンボールを用意して下さい。

まず、ダンボールの表紙をはがしていきます。
斜めからより、ひだにそってまっすぐはがした方がきれいにできます。
やさしくていねいにはがしていきましょう。

はがしました。

これを5mm幅と15mm幅に切ります。
何本か要りますので、要りそうな数だけ切っておきます。
写真のはかなりたくさん切り出しました。

続いては襟の飾りの部分を作ります。

まずダンボールを5mm幅に切ります。

切ったダンボールの表の紙をはがしていきます。

要るのはひだひだのある方です。
はがした紙の方は紙帯に使えます。

さて、次は一番の難所、ダンボールの切り抜きです。
ダンボールは厚くてかたいので、切り抜くのが大変です。
刃物を使いますから、手元に十分気をつけて下さいね。

カッターの刃は新しくしておいて下さい。
あとは、ダンボールを切るには刃にワセリンを塗るとすべりがよくなるらしいので、少量のワセリンを刃にぬります。
これで大分楽になりますよ。

では、この脚の部分を切り抜いていきます。

直線の部分は定規をあてて、カッターで2~3回刃をすべらせて切ります。
1回目、2回目と刃を入れて少しずつ切り進めていきます。
大体3回くらい切れば貫通すると思います。

曲線の部分や細かい部分はアートナイフを使います。
普通のカッターより曲線など複雑な形のところがとってもきれいに切れますよ。

ダンボールを切っていくと言うより、上から刃を突き刺していって切り進めるように切っていきます。
ナイフはダンボールに対して垂直に。

1回目で型紙どおりに刺していき、
2回目も型紙どおりに切ります。ナイフの先で裏の紙をぷつぷつと刺しながら切ります。

裏面から見ると、曲線部分は2回切るとこんな感じで細かい点線がつきます。

裏面から、ついた点線を目印に裏紙を切ります。
これで切れ目が貫通しました。

ダンボールから切った部分を取り外します。
押さえてくり抜こうとすると破れたり傷むかもしれないので、ここも慎重に。

いらない所を一部分切り取って外します。

他の部分も同じように切り取って外します。

脚の部分の切り抜きができました。

他の部分も同じように切り抜いていきます。

これですべてのパーツを切り抜きました。

難所終わりです。
これからは貼付けてきれいにして組み立てていく作業なので、ぐっと楽しくなります。

切った脚、角、に紙帯を接着していきます。

くっつける方にボンドをぬり、紙帯をつけていきます。
ボンドが多いと紙帯が浮いてくるので、べとべとに塗りすぎないように注意です。

紙帯を張付けました。
切り出したままよりもかなりきれいな見た目になります。

襟のかざりを接着します。
他の見えるところに紙帯を貼付けます。

いよいよ組み立てです。

体の部分を3つ合わせて接着します。

ここで補足です。
本体部分の紙帯はあとから太いものをつけるので必要なかったようです。
あとで気づきました。
合わせてみてかたちが合わない時は3枚まとめて大きさをそろえるようにカットするとのことです。


次に襟を接着します。

脚も歪まないように調節して貼付けます。

15mm幅の紙帯を顔と背中の部分に貼っていきます。
顔の部分は角があるので、角がでるところに穴をあけました。
計ってみると5mm×14mmの穴のようです。

用意ができたら、顔のところに紙帯を接着します。

続いて背中にも紙帯を貼付けます。
尻尾やお腹の部分も同様に貼って下さい。

私は先に全部のパーツに紙帯を貼ってしまったので、ここで貼るのは顔と背中の部分だけです。

最後に角を貼付けます。
しっかり乾いて付くまで時間を置いて下さいね。

きれいに乾くと完成です!

好みで模様を描いたり、色紙で貼付けてみてもいいみたいです。
表情とか固定したくなかったので、目や模様はあえてつけずにおきました。
どうでしょう?
作ってみて我ながらきれいにできたなぁと思うんですが、
頑張って作るからそう思う気持ちが強いんですかね。

できたものを息子に渡してやったら、とっても喜んでくれてよかったです。

恐竜はダンボールでできているので、案外丈夫です。
3歳の息子が乱暴に遊んでもすぐ壊れないようなのでいいですね。
ダンボールも手軽に手に入る材料なので、そこもいいです。

こういうのは夏休みの工作とかにちょうどいいですね。
息子が大きくなったら一緒に作ってみたいなと思います。

追記、他に作ったダンボールで恐竜作りの記事を追加しました。下のリンクから見られます。

▶︎『恐竜・20 だんボールでつくる』を参考に恐竜を作ってみました
(プテラノドン、パラサウロロフス)

▶︎ダンボールで恐竜作りブロントサウルス篇

▶︎ダンボールで恐竜作り。ステゴサウルス篇

【新装版】恐竜・20 -だんボールでつくる

新品価格
¥1,296から
(2019/8/15 19:43時点)

オルファ(OLFA) アートナイフプロ 157B

新品価格
¥691から
(2019/8/15 19:45時点)

オルファ(OLFA) カッターマットA3 (320x450x2mm) 135B

新品価格
¥650から
(2019/8/15 19:47時点)

シンワ測定 直尺 シルバー 30cm JIS1級 13013

新品価格
¥435から
(2019/8/15 19:48時点)

ボンド 木工用速乾 500g(ボトル) #40007

新品価格
¥407から
(2019/8/15 19:49時点)

シェアする

フォローする