入園準備、上履き入れを作りました

前回の着替え袋作りに続いて、上履き袋を作っていきます。
表布は前回と同じで、今回は裏布ありなので、裏布も用意します。

こちらが表布です。

裏布も表布と同じ大きさにカットします。

こちらは、持ち手の布とカラーDカンです。
25mmの物を用意しました。

持ち手をDカンに通すので、4つ折りにします。
ゆえに、持ち手の布の幅は10cmより3mmくらい短めにします。

まずは持ち手から作っていきます。

アイロンで1/4に折ります。

さらに半分に折ります。
Dカンをつける方の布も同様にアイロンで折ります。

端から1mmのところをミシンで縫います。

表布の表側に持ち手を半分に折って、ミシンで縫いつけます。
縫う所は中央の端から5mmの所です。

反対側にDカンを入れて、同じように中央の端から5mmの所に縫いつけます。

次は表布と裏布の表どおしを合わせて、ミシンで縫います。
端から1cmの所です。

縫い合わせた所の縫い代をアイロンで開きます。
縫い目より少しずらした方が良いみたいですよ。

まず、入れ口を合わせます。
底線を折り、脇線をミシンで縫います。

裏布の部分には10cmほどの返し口を縫い残します。
これがないと布を裏返せなくなりますのでご注意を。

脇線の縫い代をアイロンで開きます。

続いてマチ作りです。
今回は2cmのマチを作ります。

底線と脇の縫い目を合わせて、表布のマチをミシンで縫います。
先端のところから2cmの所を縫うと、2cmのマチができます。

もし、3cmのマチを作るなら、先端の部分から3cmの所を縫います。

裏布のマチも同様に、底線と脇の縫い目を合わせて、ミシンで縫います。

いよいよ返し口から布を表に返します。
少し出来上がりが見えてきました。

目打ちでそこの部分を整えます。

返し口を手縫いでまつります。

返し口がなくなりました。

いよいよ完成間近です。

・表布の中に裏布を入れて、アイロンで整えます。
裏布をほんの少し内側にする方が、外側から裏布が見えないので、美しく見えるようです。

・入れ口をミシンで縫います。
縫う所は、端から1cmと1mmの所です。

入れ口をミシンで縫えたら‥。

上履き入れの完成です!

裁縫は普段全くしなくて、素人同然なんですが、
インターネットで作り方を参考にしながら作りました。
思ったよりきれいにできて感動です。

次は手提げ袋作りをします。
そちらの記事もできましたら、アップしますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする