入園準備、裏地のある手提げ袋を作りました

入園準備の3弾として、今回は幼稚園で使う手提げ袋を作ります。
主に絵本を入れる袋として使うようです。

出来上がりの大きさは、縦30cm×横40cm、マチ2cm。
手提げ幅は2.5cm、長さが32cmを設計しました。

しっかりさせたいので、上履き袋と同様に裏地があるタイプにします。

まずは表布と裏布を同じ大きさに切って準備します。

色の薄い方が裏布です。

こちらは提げ手の布です。1/4の幅に折りたたむので、出来上がりの4倍の幅にします。

提げ手の布をアイロンで折り目をつけて折ります。

まずは半分に折って、その折り目を目印にしてさらに半分に折ります。

折ったら、両端1mmのところをミシンで縫います。

表布の表側に提げ手をミシンで縫いつけます。
ミシンで縫うところは端から5mmのところです。
のちに提げ手の付け根を表面からミシンをかけるので、
出来上がり線から3cmほど提げ手を余らせておきます。

反対側も同じように提げ手をミシンで縫いつけます。

表布と裏布を内表に合わせて、入れ口となる上下をそれぞれミシンで縫い合わせます。

縫い合わせたところの縫い代をアイロンで開きます。
脇線をミシンで縫う準備ですね。

アイロンができたら、入れ口を合わせ、底線を折ります。
要するに、表布は表布、裏布は裏布同士で合わせて折ります。

そして脇線をミシンで縫います。
返し口を作らなければいけないので、10cmほど縫い残します。

脇線をミシンで縫い終わったところです。
少し袋の形が見えてきました。

脇線を縫ったところをアイロンで縫い代をアイロンで開きます。

次はマチ作りです。
マチが不要な方は、次の工程は不要です。

脇線同士を合わせて、マチになるところをミシンで縫います。
2cmなら、上の部分から2cmのところを縫えば、その幅のマチができます。

裏布も同様にマチをミシンで縫います。

そして、いよいよ返し口から布をひっくり返します。

布をひっくり返すと、もう袋の形が見えますね。
出来上がりがもうすぐです。

マチを目打ちなどで角をきれいに整えます。

・返し口をまつり縫いで閉じます。

次は入れ口をミシンで縫います。
その前に、

・裏布を表布の中に入れます。
・入れ口をアイロンで整えます。

裏布を表布より少し内側に折る方が美しく見えるみたいなので、そうなるように整えます。

端から1mmのところをミシンで縫います。

持ち手をしっかりさせたいので、さらに先ほどの縫い目から25mmのところを縫います。
そしてさらに、持ち手の付け根を正方形バッテンに縫います。
正しい縫い方はよくわかりませんが、一筆書きで縫ってみました。

これで裏地付きの手提げ袋の完成です!

普段裁縫をしていなくても、ネットを参考に手順通りに作ったらなんとかできました。

入園準備大変ですが、皆さん頑張りましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする