鉄鍋でほたて飯をおいしく炊いてみよう

いつも土鍋でご飯を炊いている我が家。
鉄鍋ではおいしく炊けるかやってみたところ、ふっくらおいしく炊けたので、
炊き込みご飯は鉄鍋で炊くぞー!と思っていまして、
今回ほたてご飯を炊いてみることにしました。

鉄鍋は、岩鋳(いわちゅう)のフォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋と言われる鍋です。

直径は17cm、深さは8.7cm。
普段は揚げ物や煮物に使っているんですが、2合くらいのご飯を炊くのにちょうどよいことに気づきました。
こちらの鍋は本当に買ってよかったと思う鍋でして、すごくおすすめです。
詳しいことが気になる方はこちらの記事をご覧下さい。
↓   ↓   ↓
とても使いやすい岩鋳のフォンデュ兼ミニ天ぷら鍋

さあ、ほたて飯を作っていきましょう。

まずは米2合を洗ってザルにあげて20分くらいおいておきます。

少量のベビーほたてを貝柱と紐とに分けて、紐は少し刻んでおきます。

鍋に醤油大さじ2、薄口醤油大さじ1/2、砂糖小さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1を入れて煮立て、ほたてを入れて2分くらいさっと煮ます。

味付けは好みですので、調節してみて下さいね。私は毎回微妙に違っています。

ほたてと煮汁を分けます。

煮汁に水を加えて340cc になるようにします。水加減もお好みです。
我が家はかためが好みですね。

鉄鍋に洗い米と、煮汁に水を足したものを加え、だし昆布を乗せます。

さらにほたてを乗せ、蓋をして火にかけます。

こちらの鍋には蓋が付属していないので、鍋の蓋は家にあった栗原はるみの鍋蓋を使っています。
大小色々な鍋に対応できる蓋なので助かりました。
長年使っているので、使用感が…。

気になる火加減は、

沸騰するまで強火、

中火で5〜6分、

弱火で12分、蒸らし10〜15分です。

この辺は土鍋とあまり変わらないですね。

最近は、中火時間を5分より少し長めの6分くらい、
弱火を15分より短めの12分くらいにして、
蒸らし時間を10分以上するのがいい感じに炊けるかなと思って、この時間でやっています。

家庭の火力などによって色々だと思うので、何回も炊いてみて、いい感じに炊ける火加減を探してみて下さいね。

さあ、ほたてご飯が炊き上がりました。

だし昆布を取り出して、しゃもじでさっくりと混ぜます。いい感じですね。

お茶碗に盛りつけて完成です!

ほたてのうまみたっぷりのご飯ができました!
ご飯もふっくらちょうどよく炊けました。
これが鉄鍋パワーの釜飯!!
味付けも今回ちょうどよくできて、本当に満足の出来上がりです。

鉄鍋で作る釜飯、ぜひお試し下さいね。やみつきになりますよ。

岩鋳 Iwachu フォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋 黒焼付 内径17cm 南部鉄器 25011

新品価格
¥5,144から
(2020/8/11 16:37時点)

シェアする

フォローする