鉄鍋で炊く、さつまいもご飯

秋になってさつまいもが出回ってきました。
今日はさつまいもご飯を作ってみたいと思います。
今回は鉄鍋で炊く、さつまいもご飯です。
きっと、さつまいもはホクホク、ご飯はふっくらでおいしいですよー。

材料は、お米2合、さつまいも140g、水360cc、塩1と1/2 、酒大さじ1、だし昆布5g。
さつまいもの量はお好みで調節してくださいね。

まずはお米をといでザルにあげて15分くらいおいておきます。


お米が白くなってきたら吸水している証拠ですのでOKです。

次にさつまいもをきれいに洗って、ピーラーでシマにむきます。

切ったら、食べやすい大きさに切り、水にさらします。

鉄鍋に洗い米を入れます。


水と酒を合わせて360ccにして塩を溶かし、鍋に入れます。

だし昆布を乗せ、

さつまいもを乗せて蓋をします。

この鉄鍋には蓋がついていないので、手持ちの鍋の蓋です。
ちょっと年季が入っていますが、お気になさらずー。

火をつけて、最初は沸騰するまで強火にします。

鍋の蓋の隙間から白い蒸気が勢いよく出てきたらしっかり沸騰したしるしです。

次に中火にして5分。

そして弱火で12分。

蒸らし10〜15分。

時間が経ったので蓋を開けて見ると、

さつまいももご飯もふかふかに炊けているようです。

昆布を取り出して、さっくりと混ぜ合わせます。
さつまいもが崩れないように気をつけますが、柔らかく炊けているので、
すごく崩れやすくなっています。

お茶碗に盛り付けて、お好みでゴマをふってからいただきましょう!
黒ごまもいいですが、白ゴマもおいしいし、見た目もいいかなと思います。

どうですか?
白ゴマもいい感じでしょうー。

さつまいもがとってもホクホク柔らかく、お米もふっくら炊けて、
最高のさつまいもご飯ができました。

主人は栗ご飯みたいだねーと言って食べていました。
確かに、甘みとか、ホクホク感が栗ご飯とよく似ています。

鉄鍋でおいしいさつまいもご飯ができました。
炊き込みご飯はこれから鉄鍋で色々炊いてみたいなぁ、
と思っています。
白いご飯もとってもふっくらおいしく炊けますので、
鉄鍋で炊くご飯はオススメです。

ちなみに、炊いたあと、こびりつきはほとんどなく、
写真の通りです。

こちらの鉄鍋は、普段から揚げ物や煮物にも色々使っているので、
油がなじんでいてこびりつきが少ないのかもしれませんが、
洗うのはお湯の流水とタワシでこするだけですので、お手入れも簡単です。

鉄鍋で炊くご飯はとってもオススメです。

岩鋳 Iwachu フォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋 黒焼付 内径17cm 南部鉄器 25011

新品価格
¥5,032から
(2020/9/27 14:47時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする