ダンボールでアルファベットのおもちゃを手作り

最近アルファベットに興味を持ち始めた4歳の息子。
アルファベットの本を買って見せてやっているんですが、
すごくかわいくていいので、それを使って簡単なおもちゃを作りたいと思います。

本の上に並べて覚えられるおもちゃをイメージしています。
そういう木のおもちゃもあるんですが、必要と感じたら、また購入を考えるとして、
まずは買わずに手軽にダンボールで作ってみましょう!

本は、視覚デザイン研究所『ABCでんしゃじてん』を使用します。
これは、『あいうえおでんしゃじてん』を買って見せたら、
すぐにひらがなを覚えてよかったので、アルファベットのバージョンも買ってみた本です。

電車が文字の上を走って行くように絵が描かれていて、
文字の形と書き順を覚えられるようになっています。
後半は文章や単語、数、挨拶などが覚えられる内容になっていて、
アルファベットを覚えた後でもながく読めるようになっています。
気になる方はチェックしてみて下さいね。

では早速作っていきましょう!
使う材料はダンボール、カラー画用紙、木工用ボンド、ダンボールをカットするカッターも必要です。

まずは、本にアルファベットが載っているところがあるので、それをコピーします。

今回は、大文字だけを使っていきます。

コピーしたものをダンボールに貼り付けて、適当な大きさに切ります。

だいたい3cm角程度の大きさになっています。
ダンボールを切るのはカッターで切ります。
一度に切ろうとせず、何回か刃を入れて切るときれいに切れますよ。

これだけだと、断面からダンボール片がポロポロ落ちてきたり、
見た目が美しくないので、少し加工してきれいにしていきます。

カラー画用紙をダンボールの厚さの幅に切って紙帯を作ります。
色はお好みの色で。
今回使ったダンボールは少し厚めの8mmだったので、8mm幅に切っています。

ダンボールの断面に木工用ボンドを塗って、紙帯を貼り付けていきます。

ボンド塗りすぎに注意です。
あまり塗りすぎると、乾くのに時間がかかって紙帯が剥がれてきてしまいます。
多かったら、少し拭き取ったり、少し乾かして貼り付けるといいです。

丁寧に紙帯を貼りつけていきます。

貼りつけ完了です。
これをAからZまで貼っていけば完成です。

少し手間がかかる作業ですが、出来上がりの美しさがとってもきれいになるので、
ぜひやってみて下さいね。

全てのアルファベットの紙帯貼りつけが終わりました。

本の上に同じ文字を乗せて覚えたり、好きな順番に並べたり、
かるたのように取り札に使ったり、いろいろ遊べるかなと思います。

気張らず、まずは気軽にアルファベットに触れさせたらいいかなーという感じです。
今回は本をコピーして使ったんですが、手書きや好きなフォントでもできると思います。
参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする