鉄鍋できのこと豚肉の炊き込みご飯を炊こう

今日はきのこと豚肉の炊き込みご飯を鉄鍋で炊いてみようと思います。
鉄鍋で炊く炊き込みご飯はとってもおいしいんです。
土鍋で炊いてもおいしいんですが、
鉄鍋の方がふっくらおいしくできるような気がするので、
最近は炊き込みご飯はほとんど鉄鍋で炊いています。
本当に鉄鍋はおすすめですよ。

では早速作っていきましょう!

材料は、お米2合、お好みのきのこ何種類か、豚肉(バラ)、人参少量、醤油1と1/2、薄口醤油小さじ2、塩小さじ1/2、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、だし昆布1枚。

調味料は好みで加減してくださいね。
私も毎回違っています。

お米を2合といでざるに上げて15分くらい置いておきます。
米が全体に白っぽくなったらOKです。
吸水できているしるしです。

次にきのこを適当に食べやすい大きさに切ります。

今回は、最近お気に入りのきのこのエリンギ、それからしめじ、舞茸、しいたけを入れます。

人参も細く切ります。

豚バラ肉も食べやすい大きさに切ります。

次はフライパンで豚肉を炒めます。
気持ち塩を振って下味をつけています。

軽く火が通ったら、人参ときのこを入れてサッと炒めます。

全体に油がなじむくらいサッと炒めるくらいでいいです。

鉄鍋は、岩鋳(いわちゅう)のフォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋を使用しています。

醤油1と1/2、薄口醤油小さじ2、塩小さじ1/2、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、と水を足して350ccになるようにします。

鉄鍋に洗い米と、調味液を入れ、だし昆布を入れます。

本来なら2合に対して360cc水を入れて炊くんですが、
きのこから水分が出ることを考えて10ccほど水を少なくしています。
私は炊きあがりはかためが好きなので、この分量です。
やわらかめがお好きな方は、水の量を増やしてくださいね。

さらに炒めた豚肉ときのこと人参をのせます。
混ぜずに蓋をして、火をつけます。

沸騰するまで強火にします。

鍋の蓋から湯気が出てきて、中がしっかり沸騰してきたら、中火にして6分。
さらに弱火にして12分。
焦げが気になる場合は弱火時間をほんのきもち短くして11分にするなどしてもいいです。

そして蒸らし10分。

さて、中はどんな感じなんでしょう?

いい感じに炊けていますねー。

だし昆布を取り出して、しゃもじでサクッと混ぜます。

結構きのこを入れたんですが、炊き上がって混ぜてみると、普通量な感じです。

お茶碗に盛りつけていただきましょう!

豚肉ときのこの炊き込みご飯の完成です。

きのこの旨味たっぷり、豚肉のコクもあってとってもおいしい炊き込みご飯ができました。
きのこと豚肉がとっても合いますねー。

鉄鍋で炊いたので、ふっくらしながらもコシのあるおいしい炊きあがりです。
これはもう、このご飯だけでどんどん食べられちゃいますね。
鶏肉だとあっさりすると思いますが、豚肉の炊き込みご飯も
コクがあっておいしくなりますよ。
ぜひ作ってみてくださいね。

岩鋳 Iwachu フォンデュ兼用ミニ天ぷら鍋 黒焼付 内径17cm 南部鉄器 25011

新品価格
¥5,217から
(2020/11/2 12:39時点)

シェアする

フォローする