ダンボールで恐竜作り、タルボサウルス

ダンボールで恐竜作り、今回はタルボサウルスを作っていきます。

参考にしている本は、『恐竜・20 だんボールでつくる』という本です。


材料は、まずダンボール。厚さは5mmがいいと思います。

今回は子供用自転車を買って、そのダンボールが大量に家にありまして、厚さが8mmと少し厚めなんですが、こちらを消費していきたいので使っていきたいと思います。

他に必要な材料は、少量の白い画用紙か厚紙、木工用ボンド、カッター、デザインカッター(あれば便利です)、カッターマット、定規。

定規はステンレス製のものだとまっすぐカッターで切る時定規を傷めないので便利いいですよ。

では早速作っていきましょう!

まずは本の型紙をコピーもしくはトレーシングペーパーで写して切り取ります。

次はダンボールに型紙をあてて型紙を写します。

写したら、カッターで切り取っていきます。

一度に切ろうとすると大変なので、何回かに分けて刃を入れると切りやすくて、仕上がりもきれいです。

おすすめのカッターはデザインカッターです。
表から突き刺すように切っていき、そうすると裏面に点線できてきます。

次は裏面から点線にそって切っていきます。

切れ目が貫通して切れたらまわりを切り外します。

カーブがあってもきれいに切り取れますよ。

切れ目を入れてまわりのダンボールを取り外す時、一度にくり抜こうとせず、
少しずつ取り外すのも取りやすいのでおすすめです。

一部分に切れ目を入れてそこを取り外し、

他の部分も同じように取り外していきます。
結構気持ちのいい作業ですよ。

続いて、紙帯を作っていきます。

紙帯は、ダンボールの切れ目がギザギザなので、それを隠すために貼りつけるものです。
これもダンボールで作っていきます。

少々手間のかかる作業なんですが、紙帯があるのとないのとでは
仕上がりの美しさがかなり違ってきます。
あとは作品の強度も増しますので、頑張って紙帯を作りましょう!

まずはある程度の長さのダンボールを用意します。

まず、ダンボールの表紙をはがしていきます。

斜めからより、ひだにそってまっすぐはがした方がきれいにできます。
やさしくていねいにはがしていきましょう。

全部はがし終わりました。

これを必要な幅に切ります。
今回は胴や頭の3枚貼り合わせた所の太い所と、腕や足の細い所と2種類用意します。
ダンボールの1枚の厚さが5mmなら、5mmと15mmが必要です。
8mmの厚さなら、8mmと24mmを切ります。

少し多めに作っておくと、後で足りなくなってまた切って用意する手間が無くなります。

次は歯を画用紙などの厚紙で作ります。

白い適当な厚紙があったので、こちらを使おうと思います。

紙に歯の型紙を2枚写して切ります。

これがタルボサウルスの歯になります。

パーツの切り取り作業が終わりました。
ここまで結構大変で少しつらいんですが、山場は超えたので、ここからは一気に楽しくなりますよ。

まずは口の中に紙帯を貼りつけます。
本体の中心と側面2枚それぞれに貼っていきます。

断面にボンドを塗ります。
あまり塗りすぎないように。
塗りすぎたら、少し拭き取りましょう。

貼りつけるとこんな感じになります。
そこだけ見た目がきれいになりました。

本体の中心部分の口の両側に歯を貼りつけます。

そしていよいよ本体3枚を貼り合わせます。

ボンドを適量塗って貼り合わせます。
全体にべったり塗らなくてもしっかり貼りつきますよ。

貼り合わせて、ボンドが乾いてくるまで少し浮いてくるかもしれないので、
時々抑えて浮かないようにしましょう。

型紙どおりに切っても、3枚合わせると多少ズレが出てきます。
これから紙帯を貼りつけるので、あまりにもデコボコしていたら
きれいに貼りつかないので、少し切りそろえます。

太い刃のカッターを少し長めに出して、側面をギコギコと刃を動かして切りそろえます。

切りそろえてスッキリとしました。

本体の紙帯を貼っていきます。
まずは首のところから。
全部そろっていないので、少々複雑になっています。

首後ろ部分から貼っていきます。

中心部だけ盛り上がっているんですね。
まずはボンドを塗ります。

紙帯の端を少し3等分して切ります。
これを分岐している所に貼ります。

切れ込みを入れているので、分けて貼ることができました。

他のところはまとめて貼ります。

首の前部分も中心部だけ盛り上がっています。

胴部分の首の下まで紙帯を貼ってきたので、ここから切れ目を入れて貼るのは困難すから、
さっきとは違う方法で貼ります。

首の中央部分だけ紙帯を貼りつけます。

側面の両側の首にも紙帯を貼りつけます。

あとは全部まとめて太い紙帯を貼りつけます。

胴と顔部分がきれいにできました。
歯が見えているのがいいですね。

あとは、手と脚にも紙帯を貼りつけます。

紙帯を全部貼りつけたら、パーツを全部貼り合わせます。

脚は両脚で立てるように付けます。

手のポーズはお好みで。
息子の希望で、両手はそろっていたほうがいいとのことで、そのとおりに。

全て貼り合わせて乾いたら完成です。

ダンボールでタルボサウルス完成しました!

あとはお好みで柄や目を入れたりするといいみたいですよ。
我が家は目は入れない派なので、なしです。

通常より厚めの8mmのダンボールで初めて作ってみたんですが、
結果、全体が分厚くなって肉食恐竜の迫力ある感じが出てよかったです。
切り取り作業が少々大変ですが、5mmより厚いダンボールがある方は
作ってみてもいいと思います。

シェアする

フォローする