絵もお話もとってもいい『カメレオンのかきごおりや』

図書館に子どもと通っていて、少し前に谷口智則さんの本を見かけて読んでみました。
最初に読んだのが、『カメくんとアップルパイ』。

サルくんのお誕生日のためにアップルパイを作ってお祝いするため、
お友だちがそれぞれ材料を持ち寄って作るお話です。

お話がとっても素敵で、子どもがすごく気に入りまして、
子どもがお話を暗記するほど、寝る前に読んであげました。

それ以来、私も子どももすっかり谷口智則さんのファンになり、色々と読んでいます。
個人的に絵がとっても好きで、子どもに強く推しています。

そして、最近子どもが気に入っている本が、『カメレオンのかきごおりや』です。

旅するカメレオンのかきごおりやのお話で、このかきごおりやの自慢は
世界中で集めた色とりどりのシロップ。
お店を訪れるお客さんに合うかきごおりを作ってあげます。
それを食べると、不思議なことが起こります。

いろいろな色に変わるかきごおりやのカメレオンなんですが、自分は一体何色なのかと
悩み、そしてたどりついた答えが…。

最後とっても素敵なんですよね。

絵本の中にはいろいろな色が出てくるんですが、とってもきれいです!
絵自体に味わいがあって、見やすくていいんですよね。

カメレオンは作ったかきごおりの色に変わって背景に溶けこんでいまして、
それを探して見つけるのも子どもは楽しいみたいですね。

最初に読んだ時は背景に溶け込み過ぎていて、気づきませんでしたー。

子どもがかきごおりやさんをとても気に入って、いろいろな色のかきごおりを工作で作って
かきごおりやさんで遊びたいと言っています。

今回ご紹介した谷口智則さんの絵本の対象年齢は大体3〜5歳みたいです。
絵もお話もとってもいい『カメレオンのかきごおりや』ぜひ読んで見て下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする