長谷園のかまどさん、使う前に目止めしよう

新しい土鍋を購入しました!
長谷園のかまどさん3合炊きです。

すぐに使ってみたいところなんですが、土鍋は目止めが必要になりますので、やっていきたいと思います。

目止めとは、どんなことをするのかと言うと、お粥を炊いて冷ますということをします。
最初にお粥を炊き込むと、お米でんぷん質が土鍋の細かい気孔を埋め、水漏れを防ぎます。

大切な作業ですので、しておきましょう!

まず、土鍋をよく水洗いして水気を拭き取ります。
水を含みやすい底面を上にして自然乾燥させます。

濡れたまま火にかけるとひび割れの原因となるので、注意してください。

次に乾燥させた土鍋に8分目の水と、水量の5分の1以上のご飯を入れます。

この土鍋は3合炊きなので、水は1,000cc、
ご飯を240g入れました。お茶碗1杯分くらいです。

ご飯とお水を入れたらご飯を軽くほぐして、上蓋をして、弱火で炊きます。
中蓋は不要です。

どのくらい時間がかかったのか、時間を見ていたのですが、1時間ほどして中を見てみると

まだ沸騰すらしていませんでした。

弱火なので、沸騰までかなり時間がかかるようです。
さらに30分ぐらいしてみるとやっと沸騰してきている感じでした。

冬場だと水が冷たいので、沸騰まで時間がかかったみたいですね。

そこから吹きこぼれないよう上蓋を少しずらして10分ほど炊いて火を止めます。

土鍋が十分に冷めてから、お粥を取り除いて土鍋を水洗いして、
水分をよく拭いて乾かします。

これで目止めの作業が終りました。
これから安心して土鍋を使えますね。

ちなみに目止め後のお粥は食べられますので、あとでおいしくいただきました!
子どもがお粥大好きなんですよね。

新しい土鍋を使う前にする目止め、大切な作業ですので、
時間がある時にやっておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする