これを作っておけば色々アレンジできて便利!茎わかめのおひたし

生の茎わかめを初めて買ってきて、さてどうやって食べようかと考えました。
下処理しただけのものを食べてみると、ほとんどクセはなくて、
味はワカメというより、めかぶに似ているように感じました。
食感はコリコリした感じはありますが、めかぶほど歯ごたえはないのかなと思います。

生の茎わかめの下処理の記事はこちら
生の茎わかめを下処理しよう

めかぶが大好きな私としては、まず茎わかめでおひたしを作ろうと思いました。
よくスーパーに3パックセットで売られている朝食めかぶのあの味ですね。
きっと白ご飯に合う味になるのではないでしょうか。

まずは下処理した生の茎わかめを用意します。

少々手間と時間がかかるんですが、食べやすさと味のしみこみやすさを考えて
薄切りにしました。

調味液を準備します。
鰹と昆布のだし汁カップ1、薄口醤油大さじ2、濃口醤油大さじ1、みりん大さじ2、
お好みで砂糖少々を入れます。

この辺りの配合は適当でして、お好みで調節してくださいね。
塩分は濃いめにしても大丈夫みたいです。
案外味がしみにくい感じです。

あとは、調味液の中に茎わかめを入れます。

できれば一晩、すぐ食べたい時でも30分くらいはおいておいた方がいいです。

一晩経ちました。
調味液につけたてより少し縮んで味が染み込んでいるように見えます。

早速食べてみましょう!

おひたしでは定番の白ごまをふっていただきます。

味は間違いなく、白ご飯に合う味ですね。
食感はコリコリしていて、海藻という感じの味です。
朝食めかぶを感じさせる味ですね。
とてもおいしいです。

アレンジも少し考えてみました。

生の茎わかめの食べ方を検索していたら中華風の食べ方が結構食べられているみたいで、
手軽に中華風に食べるなら、これにごま油少々と白ごまをふりかけてみました。

これは非常にこの味も合いました。
ご飯のおかずになりますね。

おかずよりサラダ感覚で食べるなら、やはりマヨネーズかと思いますので、
汁気を切って、マヨネーズと白ごまであえたりしてもおいしそうです。

あとは、サラダにも入れて一緒にあえればサラダにも合うかと思います。
海藻サラダの感覚ですね。

茎わかめ自体はそんなにクセがなくてあっさりしているので、
作ってみて、おひたしにするのはすごく合っているかなと思いました。

味付けをしておけば、そのまま食べたり、あえものにしたり
すぐ食べられて便利なので、オススメ調理法です。

シェアする

フォローする