豆を一緒に炊かないから豆が色鮮やか!かまどさんで豆ご飯

以前に豆ご飯を作った時に、豆をご飯と一緒に炊かずにおいしくできた
豆を一緒に炊かないから、豆が色鮮やか!豆ご飯という記事を書きました。
普通の土鍋で炊く場合はこちらの記事をご参考にしてみて下さい。

今回はかまどさんという土鍋を購入したので、そちらで作った時の様子をご紹介しようと思います。
かまどさんとは、火加減不要でかまどで炊いたようなおいしいご飯が炊ける土鍋です。

作り方は以前と同じです。
調理の土鍋の種類が変わっただけなんですがこちらでもおいしくできると思いますので、ご紹介しますね。

材料は、うすいえんどう豆、米3合、塩。
お酒は入れない方が好きかなと思って入れていないですが、調味料はお好みで変えて下さいね。

まずは洗い米を準備。
お米3合です。


米を洗って、ざるに上げて15分くらい置きます。
白くなったら吸水したということなので、炊いてOKです。

グリンピースはよく洗って、さやから豆を取り出します。
※さやは使うのでとっておきます。

鍋に水3カップとグリンピースのさやを入れて火にかけ、沸騰したらアクを取ります。

弱火にして3〜4分煮ます。

豆の香りやうま味のある出し汁が取れました。

ざるにペーパータオルを敷いて煮汁をこし、冷まします。

薄緑色の煮汁ができました。
豆の香りがしてきます。
この煮汁を使って豆ご飯を炊いていきます。

豆はボオルに豆を入れて、塩小さじ2を振ってよく混ぜ、4〜5分置きます。

鍋にカップ2くらいの熱湯を沸かし、豆を入れて2分くらいゆでます。

湯は沸騰させすぎずに、豆が少し揺れる程度の火加減にしてゆでるのがいいみたいですよ。

火を止めて鍋に水を少しずつ加えながらゆっくりと冷まします。

豆を急激に冷ますとグリンピースにしわが寄りやすくなるので、水は少しずつ加えるといいです。
余分な塩分も抜けますよ。

完全に冷めたらざるに上げて水気をきります。

しわも寄らず、色鮮やかに豆がゆであがりました。

土鍋に洗い米、煮汁600cc、塩小さじ1を入れてよく混ぜ、炊きます。
※煮汁の量は炊飯器では米の量の目盛りまで入れて下さいね。(3合なら3合の目盛りまで)

かまどさんの内蓋と外蓋をして、
約14分中強火にかけて火を止めます。

そのあと20分蒸らします。

炊きあがったご飯に豆を入れて混ぜます。
豆を入れて混ぜたら、蓋をして蒸さずに、すぐ盛りつけます。
豆が蒸されて色が悪くなってしまったら別にゆでたのが台無し。

いい感じに出来上がりましたね。
早速いただきましょう!

一緒に炊かないから、豆が色鮮やかでおいしい豆ご飯が完成しました!

豆もちょうどよいかたさできれいです。
豆がぐにゃぐにゃに柔らかくなってつぶれないのがいいですね。
味は豆の香りがするんですが、豆の香りがしすぎずあっさりしておいしいです。

色がきれいなので、お弁当に入れてもとってもいい感じですね。
そして冷めてもおいしいです。

豆を一緒に炊かないから豆が色鮮やかな豆ご飯、とってもきれいでおいしくできるのでおすすめです。
作ってみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする