ダンボールで恐竜作り、イグアノドン

『恐竜20ダンボールで作る』という本を参考に、今回はイグアノドンを作ろうと思います。

そして、今回は今までとは少し違った試みをしてみます。
今までだと仕上がりはダンボールなので、ダンボールの色だったんですが、仕上げに色画用紙を貼って色付きのイグアノドンにしてみます。

きっかけは、以前に作ったタルボサウルスに子どもがクレヨンで色を塗っていまして、これはこれで味わいがあっていいなと思いますが、


次作る時に色付きで作ってみようかということになりました。

では早速作っていきましょう!

材料は、まずダンボール。厚さは5mmがいいと思います。

今回は子供用自転車を買って、そのダンボールが大量に家にありまして、厚さが8mmと少し厚めなんですが、こちらを消費していきたいので使っていきたいと思います。

他に必要な材料は、お好みの色画用紙、木工用ボンド、カッター、デザインカッター(あれば便利です)、カッターマット、定規。

定規はステンレス製のものだとまっすぐカッターで切る時定規を傷めないので便利いいですよ。

では早速作っていきましょう!

まずは本の型紙をコピーして(または、トレーシングペーパーで写します)切り取ります。

次はダンボールに型紙をあてて型紙を写します。

写したら、カッターで切り取っていきます。

一度に切ろうとすると大変なので、何回かに分けて刃を入れると切りやすくて、仕上がりもきれいです。

おすすめのカッターはデザインカッターです。
表から突き刺すように切っていき、そうすると裏面に点線できてきます。

ちょとわかりにくいですが、裏に点線が出てきた状態です。

次は裏面から点線にそって切っていきます。

切れ目が貫通して切れたらまわりを切り外します。

切れ目を入れてまわりのダンボールを取り外す時、一度にくり抜こうとせず、
少しずつ取り外すのも取りやすいのでおすすめです。

他の部分も同じように取り外していきます。
結構気持ちのいい作業ですよ。

続いて、イグアノドンに貼りつける色画用紙と紙帯を作っていきます。

紙帯とは、ダンボールの切れ目がギザギザなので、それを隠すために貼りつけるものです。

帯があるのとないのとでは
仕上がりの美しさがかなり違ってきます。
あとは作品の強度も増しますよ。

色画用紙に切り抜いたイグアノドンのパーツ全部写して切り取ります。

今回は子どもの希望で緑色を選びました。

紙帯は、ダンボールの厚さのものと、貼り合わせた後にまとめて貼るダンボール3枚分の太いものが要ります。
ダンボールの厚さが5mmなら、5mmと15mmのものを用意します。
今回のダンボールは8mmなので、8mmと24mmの紙帯を用意しました。

あと、少しだけ手の親指部分にいるのが、ダンボール色の紙帯でして、
これは、ダンボールの表面の紙をはがして、紙帯の幅に切ります。
今回はわずかしかいらないので、ダンボールの端の表面の紙を少しはがして、必要な紙帯の幅にカットして下さいね。

次に恐竜のダンボールに木工用ボンドを塗って、色画用紙を貼っていきます。
色画用紙を貼るのは、外側から見える部分だけでいいです。
身体の貼り合わせる部分は色画用紙を貼る必要はないです。

同じ要領で他のパーツにも色画用紙を貼りつけていきます。

手だけ少し工夫が必要で、親指部分をカットします。

カットして、ダンボールに貼ると、

親指の鋭い爪が色違いにできます。

あと、細かいところにこだわるなら、脚と手の内側部分も紙を貼っておくと、身体に貼りつけて反対側から見たときにダンボール色が見えないので、きれいに見えますよ。

これで全てのパーツに色画用紙を貼りつけました。

色画用紙を貼りつけて、裏側から見ると、

きっちり切ったつもりでも、少しはみ出しています。
こうなっていると、紙帯がうまく張りつかないので、カットします。

これでOKです。

そして紙帯を断面に貼っていきましょう。

まずはダンボールの断面に木工用のボンドを塗り、紙帯を貼りつけていきます。

左右の側板は、お腹部分と頭部分は貼り合わせてからまとめて紙帯を貼りつけるので、貼らずにおいて置きます。

尻尾の下のところから貼り始めて、

首のところまで貼りつけます。

真ん中の板も背中のギザギザがあって大変なんですが、側板と同様に
尻尾の下のところから貼り始めて、首のところまで紙帯を貼りつけます。

それではいよいよ側板と本体を貼り合わせていきましょう。

側板の頭、胴体真ん中、尻尾あたりに木工用ボンドをつけて、
本体に貼り付けます。

反対側も同様に貼り付けます。

全部貼り合わせて、側面にデコボコがあるようでしたら、きれいに切りそろえたほうがきれいに紙帯が貼れるので、切って下さいね。

次はお腹から頭にかけて、太い紙帯を貼りつけます。

太い紙帯は少し難しい部分がありますので、まずは紙帯を貼り付ける部分にあててみて、貼る部分をしっかり決めてからの方がきれいに仕上がりますよ。

のどの中央が少し出っ張っているため、ストレートに貼れないので、
一度紙を当ててみて、切れ込みを入れる部分を決めて紙帯を切ります。

真ん中は少し長さが短いので、その部分も切り取ります。

側面に木工用ボンドを貼りつけて、紙帯を貼りつけます。

のどのデコボコ部分もきれいに貼れました。

次は脚を貼り付けます。

脚の付け根に木工用ボンドをつけて、本体に貼り付けます。

反対側も同様に貼り付けます。

正面から見て、水平になるように貼ると、立たせた時に
安定感が出ます。

手も同様に付け根のところに木工用ボンドをつけて、本体に貼りつけます。

イグアノドンが完成しました!

親指の鋭い爪がとっても目立っていますね。
全体に色があって、今までのダンボール色とはまた違った雰囲気になっていい感じです。

後ろから見るとこんな感じです。
背中のギザギザのところの紙帯を貼るのが大変でしたねー。

小ぶりの草食恐竜もかわいらしくていいですね。

シェアする

フォローする