家にあるものでゴールドマンを工作してみました

主人がやっているドラクエウォークというゲームの中に
ゴールドマンというモンスターが出てくるようでして、
それをふと見た息子が、工作で作ってみたいということで、作ってみることになりました。
今回は息子と主人と一緒に作ることになり、顔の絵だけ私が担当しました。

そしてできたのを見たら、まあまあよくできていたので、こちらでご紹介しようかなと思います。

ゴールドマンというのがこちらです。

金色に輝くロボットっぽいモンスターです。

そして、家にあるものだけで作ったゴールドマンがこちらです。

頭は紙コップ、胴体はチロルチョコの外箱、腕はアイスのパピコ、
脚の付け根はヨーグルトのカップ、脚はラップの芯、足はプリンのカップ。
ラップの芯は脚の長さに合うように適当な長さでカットします。

金色の色紙を紙コップとヨーグルトのカップ、ラップの芯に貼ります。
パピコの中とプリンのカップの内側にも金色の色紙を入れて貼り付けます。

腕はヒジのところで折れ曲がるように切れ目を入れます。

顔はゴールドマンの画像を見て油性マジックで描きます。

頭のてっぺんは紙コップで穴があいているので、厚紙をコップの大きさに切って、
金の紙をはりつけてふたをします。

パーツパーツが出来上がったら、テープで貼り合わせます。

結構しっかりテープでとめます。

全体にいい雰囲気出ているなと思いますね。
特に足もとや脚の付け根のあたりがいいですね。
息子はできあがって、満足のクオリティーだったようで、大喜びでした。

チロルの金の箱はバレンタインのチョコレートの箱だったんですが、
きれいなので、とっておいてやっと使う時が来た感じですね。

工作が好きな子が家にいるなら、いらなくなったものをとっておくと
何か作ろう!と思った時に使えるので便利ですね。
まあ、取り置きすぎると邪魔になるから要注意です(笑)

みなさんも家にあるもので、工作楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする