おうちでおいしい水出し緑茶を作る

暑くなってくると、冷たいお茶がたくさん飲みたくなりますね。
今回は、作ってみたらとてもおいしかったので、
最近は毎日作っている、水出し緑茶の作り方をご紹介しようと思います。

まずは、やかんやポットに水を入れて火にかけ沸騰させます。
我が家で作る1回の量は850ccです。
作る量はお好みで調節してくださいね。

沸騰したら、火を弱めて2分ほど沸かします。
こうすると、カルキが抜けて独特のにおいがしないおいしい水になります。

粗熱を冷まして、お茶を作る容器に移します。
そして、冷蔵庫で1〜2時間以上冷やします。

こちらの入れ物は、コーヒーサーバーでして、主人が使わなくなったので
だしをとった時に入れたりして使っていましたが、
今は水出し緑茶用の入れ物となっております。
容量は850ccまで入ります。
持ちやすくて、洗いやすいので気に入っています。
蓋は上に乗せるだけとなっています。

お水が十分に冷えたら、お茶の葉を準備して入れます。
分量は、850ccに対して7gの緑茶の茶葉を入れています。
氷を入れて飲む方や、濃いめが好きな方は8〜10gにされてもいいと思います。

我が家は主人がそこまで濃いのが好きではないみたいで、
色々試した結果、そのままで飲みやすい7gに定着しました。

茶葉は散らばらないように、お茶パックに入れてから水の中に入れます。

お茶を入れてから4時間くらいは冷蔵庫でおいておきます。
5〜6時間経てば、しっかりとした味の水出し緑茶になります。

そして、時間が経って見てみると、しっかりお茶が出ているようです。
よくかき混ぜてから取り出します。

きれいなグリーンの水出し緑茶ができました。

とっても飲みやすくて、すっきりとした味わいの水出し緑茶です。
渋みが少なくて本当においしいです。

これは、朝起きてすぐ飲むととってもおいしいんです。
あとは、甘いものを食べる時にとってもよく合いますよ。
もちろんご飯の時にも。
要するに、どんな時に飲んでもおいしいということです!

こんなおいしいお茶がおうちで作れるとは、うれしいですね。
一度作ってみてすっかり好きになって、
暑くなってきてからは毎日欠かさず作るようになりました。

おうちで簡単にできますので、ぜひ作ってみてくださいね。
夏にとってもおすすめのお茶です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする