作ってみたら、おいしかった!オートミールの鮭茶漬け

サッと食べられるオートミールをお昼に食べることが多いこの頃。
味は鶏ガラスープで1分煮て、溶き卵を最後に混ぜて
火を止めて完成というのが1番好きで食べていました。

今日は鮭の醤油漬けを作っていて冷凍前だったので、
鮭茶漬けにしてみようと思い立ち作ってみました。

鮭の醤油漬けは、おいしそうな鮭のアラを見つけた時に買ってきて、
醤油と酒を入れて冷蔵庫に一晩ほど置いておくだけ。

お茶漬けやおにぎりに最高に合う素材になります。
塩鮭より生臭さがなくて焼くと香ばしくておいしいので、
定番化となり、作って冷凍してストックしています。

鮭茶漬けの材料は鮭の醤油漬け、塩昆布、白ゴマ、
あれば顆粒昆布だし、海苔です。

まずはこの鮭の醤油漬けをフライパンで焼きます。
その間にお湯を沸かしておきます。

丼などの入れ物にオートミール25〜30gを入れて、
上に顆粒昆布だし、塩昆布を乗せて、焼けた鮭の醤油漬け、
白ゴマ、海苔を細切りにして乗せます。
最後に沸かしたお湯を上からかけます。

オートミールが少しふやけた方がいいので、1分ほど待ってからいただきます。

鮭の醤油漬けと塩昆布の相性が最高でして、
これは間違いないおいしさですね。
鮭の醤油漬けの香ばしさと塩昆布の旨味が絶妙です。
今回は、鮭が脂の乗っている場所だったので特においしかったです!

オートミールはふやけてお粥のような感じで柔らかくなっています。
食べやすいですし、お腹にもやさしいですね。
後味がおかゆや普通のお茶漬けの時よりあっさりとしています。
さらっと食べたい時にいいですね。

気になる方はぜひ作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする