おもしろくてどんどんページをめくっちゃう『11ぴきのねことへんなねこ』

以前に『11 ぴきののねこ』という本を図書館で借りてきて読んだら、
息子にはなかなかよい反応でした。
11ぴきのねこシリーズが他にもあるようなので借りてみました。
今回読んだのは『11ぴきのねことへんなねこ』馬場のぼる です。

お話しは、11ぴきのねこが魚釣りに行くと、そこで水玉もようのへんなねこと出会います。
話を読んでいくと、そのへんなねこの正体が明らかになってきます。

この水玉のへんなねこの正体がわかったあと、11ぴきのねこはどんな行動に出て、
水玉ねこはどうなるのか先が知りたくて早くページをめくりたくなります。
まだ字を読み終わっていないのに、次のページをめくろうとする息子(笑)。
絵が親しみが持てて見やすく、お話もおもしろいので、
子どもも私も読んでいて楽しかったです。

気になる方はチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする