ダンボールでアンモナイトの化石作り

先日息子と行った『千光士義和の世界、動くダンボールアート展』で見ていて作ってみたい!と言っていたものがあります。
ある作品にあったアンモナイトと三葉虫の化石です。

館内は写真撮影OKだったので、写真に撮って家に帰ったら作ろうね、と約束していました。

今回はアンモナイトを作っていきます。

三葉虫の化石の作り方の記事は下のリンクからご覧になれます。
▶︎ダンボールで三葉虫の化石作り

アンモナイトの化石を作るのに参考にするのは下の写真です。

どこまで近づけるかわかりませんが、作っていきましょう!

まずはダンボールと色紙を準備します。
色紙は、息子がアンモナイトの化石に色をつけたいとのことでしたので、好みの色を選ばせました。

・ダンボールに色紙をのりで貼りつけます。
・色紙の上からアンモナイトの輪郭を鉛筆で描きます。
・輪郭に沿って切り抜きます。

アンモナイトのぐるぐるを作るために、ダンボールを8mmくらいの幅に切り、表面の紙をゆっくりはがします。

きれいにはがしたら、本体の外側にボンドをつけて貼りつけていきます。

周りから貼っていき、まわりを貼り終わったら、
細く切ったダンボールの方にボンドをつけて、ぐるぐる巻きになるように貼りつけていきます。


ボンドが乾いたら、アンモナイトに好きな模様をつけます。

息子は色鉛筆で色をつけました。
緑や赤い色が少し出ている化石のようですね。

色紙やダンボールをを貼ったりしてもいいかもしれませんね。

ダンボールで作ったアンモナイトの化石の完成です!

まわりのギザギザを本体のアンモナイトより幅を大きくしたので、
立体感がすごく感じられる出来上がりになりました。

簡単にできるので、気になる方は作ってみて下さいね。

三葉虫の化石の作り方の記事は下のリンクからご覧になれます。
▶︎ダンボールで三葉虫の化石作り

スポンサーリンク

シェアする

フォローする