ストーリも数も楽しく読める『11ぴきのねことあほうどり』

最近息子がハマっている11ぴきのねこシリーズの絵本。
今回は『11ぴきのねことあほうどり』馬場のぼる をご紹介します。

11ぴきのねこがコロッケ屋を始めました。
売れ残ったコロッケを食べる日々に飽きてきた頃、
1羽のあほうどりがコロッケをわけて下さいと店を訪ねてきます。
コロッケに飽きて鳥の丸焼きが食べたいねこたちは、
あほうどりの11羽の兄弟がいるという故郷に行くことになります。

この本は数を数えることがテーマーのひとつになっていまして、
ストーリーを楽しみながら数にも親しめるようになっています。

コロッケの数、あほうどりの兄弟の数、
息子はよろこんで数えています。
ラストも期待どおりおもしろいオチになっています。
11ぴきのねこのラストはクスッと笑えてほっこりしますね。
私も大好きです。

気になる方はチェックして見て下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする