ダンボールで三葉虫の化石作り

先日息子と行った『千光士義和の世界、動くダンボールアート展』で見ていて、息子が作ってみたい!と言っていたものがあります。
ある作品にあったアンモナイトと三葉虫の化石です。

今回は三葉虫の化石を作っていきます!
参考にするのは下の写真です。

アンモナイトの作り方の記事は少し前に載せました。
下のリンクから記事をご覧下さい。

▶︎ダンボールでアンモナイトの化石作り

それでは三葉虫の化石を作っていきましょう!
まずはダンボールに三葉虫の形を描いて、カッターで切り取ります。

形は三角に近い楕円形です。大きさはお好みで。
この時、ダンボールのナミナミ模様が横になるようにします。これが後で三葉虫の模様になります。

次に表面の紙をゆっくり慎重にはがしていきます。

全部はがすとこんな感じです。
次は頭部分を色紙を使って作っていきます。
色紙はくすんだ茶色を使います。
先ほど作った本体の頭部分を当てて鉛筆でなぞり、型を取ります。
形は半円のような感じです。

鉛筆にそって切り取ります。
切り取った色紙を本体の頭部分にのりで貼りつけます。

では、もうひとつのパーツ作りです。
体の真ん中の背中の部分です。

三葉虫の本体の身長より少し短い長さのダンボールを太めの幅で切り取ります。ここでは2cmくらいです。

切り取ったダンボールの表面の紙をゆっくり慎重にはがしていきます。

片方の端を丸く切り取ります。
後で本体に貼りつけるので、三葉虫の後ろのカーブと同じように切ります。

本体に合わせてみて、本体頭部分の色紙にかかる部分から数センチ先を丸く切ります。
この部分にナミナミはいらないので、つぶしておきます。

背中部分の頭側の色紙にかかる部分の型を取り、切り抜いて貼りつけます。

できた背中パーツを木工用ボンドで本体に貼りつけたら完成です。

ダンボールの色が化石らしい色で合っていますね。
ナミナミ模様もそれらしい感じに見えていいですね。
全体的にいい雰囲気でできました!
大きさ違いで何個か作ってもおもしろいかもしれませんね。

文章にすると長く感じるかもしれませんが、作業としてはそんなに難しくないです。
化石発掘遊び用に作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする