ダンボールで恐竜作り、ティラノサウルス

『恐竜20ダンボールで作る』という本を参考に、今回はティラノサウルスを作っていきます。
最強の肉食恐竜と言われるティラノサウルス、恐竜好きな子どもには大人気ですよね。
そしてうちの子もそうです。
出来上がりが楽しみですね。

では早速作っていきましょう!

まずは本の型紙をコピーして(または、トレーシングペーパーで写します)切り取ります。

縁をなぞってダンボールに型紙を写します。

型紙を写したら、カッターで切り取っていきます。

ダンボールは分厚いので、カッターで何度か刃を入れて切ります。

カッターを立ててサクサクと切ります。
切るというより、突き立てて行くといった感じです。
すると、裏面にプツプツと点線ができます。

この点線を上からカッターでなぞって、切れ目を貫通させます。

直線も切り取る前に裏面まで切れ目が貫通しているかどうか確認するといいですね。
無理やり切ると変にやぶれますから、以外と重要な作業です。

裏面に切れ目が貫通したら、まわりのダンボールを取り外します。

まわりを取り外す時は一度にくりぬこうとせず、
少しずつ外した方が仕上がりがきれいで、やりやすいです。

全部切り抜いたら次は、手と肩のパーツ、紙帯作りです。

ダンボールの切れ端の表面の紙をゆっくりはがしていきます。
手と肩は小さいので、少しでいいです。
半分に折って使うので、必要量の倍くらいの大きさが要ります。

はがした紙を一度半分に折り、広げて片面に木工用ボンドを塗って
貼り合わせます。


ボンドが乾いたら、肩と手のパーツを型から写して切り抜きます。

歯のパーツを白い画用紙に2枚写して切り取ります。

紙帯も作っていきます。

紙帯とは、簡単に説明しますと、ダンボールを片面紙部分をはがして、
それを帯状に切ったものです。

ダンボールの表面の紙を丁寧にはがしていきます。

はがした紙をダンボールの厚みと同じ幅にカットすると、
紙帯の完成です。

今回のダンボールの厚さは5mmですので、5mmにカットします。
あと、体の部分を張り合わせてからまとめて貼るので、3枚分の厚さの15mmも必要です。

作るのがちょっと大変なんですが、
まとめて作っておくと便利なので、少し多めに作っておくのがオススメです。

では、パーツや紙帯を貼っていきましょう。
まずは歯から。
本体の口のところに木工用ボンドを塗り、歯を貼りつけます。
左右両方に貼ります。

では紙帯を貼っていきましょう。
まず貼るところは、尻尾の部分と、左右の側板の尻尾部分です。
ちょっと説明が難しいのですが、3枚のダンボールを重ねて断面が完全に交わらないところです。
なぜ、他のところはまだ貼らないというかというと、
他のところは、貼り合わせてからまとめて貼っていくからです。
1枚のところは後でもできますが、張り合わせてからでは作業がやりにくくなるので、
1枚だけの紙帯は本体をはり合わせる前がおすすめです。

ダンボールの断面に木工用ボンドを塗って、紙帯を貼り付けます。


貼るとこんな感じになります。

本体に顔を張り合わせていきましょう。
顔にボンドを塗って、本体に貼り合わせます。
体も同様にボンドを塗って貼り合わせます。

顔と体を本体に貼り合わせました。

ではまた紙帯を貼っていきましょう。
貼っていく前に、貼り合わせた断面が不揃いであればきれいに切りそろえます。
型部分と胸辺りを切りそろえてきれいにしました。
カッターだとやりにくかったので、小さいハサミで少しづつ切って揃えました。

紙帯貼りです。
ここからは少し複雑で、どうやって作業を進めようか悩んだところです。

まずは、下あごから喉と顔まわりにかけてです。
15mmの紙帯を下あごから顔まわりに当ててみて、
必要な長さを見て少し長めにカットします。

再び下あごから紙帯を当てて、喉から3本に分岐しているので、
分岐するところに印をつけてから、カッターで3本にカットします。
1本が5mm幅です。

下あごのところにボンドをつけて、紙帯を貼ります。
下あごのところから分岐しているところは顔まわりと喉に貼っていきます。
ここから先は本体ではなくて、紙帯にボンドをつけて貼りました。
その方が本体に余計なボンドがつかなくてきれいかなと思ったからです。
やりやすい方法で紙帯を貼っていってくださいね。

背中から肩にかけての紙帯貼りも同様に分岐させて貼ります。

頭の上あたりも15mmの紙帯をまとめて貼り、
お腹部分15mmの紙帯を貼りつけます。
あと余ったところは5mmのを貼って仕上げます。

もう少しで完成です。
脚パーツにボンドを塗って、本体に貼りつけます。

肩パーツを貼りつけたら、手を貼りつけます。

最後は顔部分です。
目のところに切れ込みを入れて、下のところを少しづつ押さえると
目のところにくぼみができます。

彫りが深くなりましたね。
ここに目を貼ります。

目は白い画用紙と黒い画用紙をお好みの大きさの円に切って2つ作ります。
黒い画用紙を白い画用紙にのりで貼りつけます。

本体に目を貼り付けます。

ティラノサウルスの完成です。
大きくて迫力のある恐竜ができました。

息子は念願のティラノサウルスができたということで大喜びです。
早速前に作った恐竜たちを全部出してきて、恐竜ごっこがはじましました。

ティラノサウルスは前脚がとっても小かったらしく、
それを表現するために、手が薄く作られるようになっているようです。

以前作ったタルボサウルスは、手には厚みがあり、尻尾も厚みがありました。
似ている恐竜でもそこが一番違っています(下の写真)。

ふたつ作って違いを楽しむのも面白いかもしれませんね。
個人的にはタルボサウルスのデザインも好きですね。

今までのダンボールで作る恐竜の記事は下のリンクから見ることができます。
気になる恐竜がありましたら、チェックしてみて下さいね。

▶︎『恐竜・20 だんボールでつくる』を参考に恐竜を作ってみました
(プテラノドン、パラサウロロフス)

▶︎ダンボールで恐竜作り。トリケラトプス篇

▶︎ダンボールで恐竜作りブロントサウルス篇

▶︎ダンボールで恐竜作り。ステゴサウルス篇

▶︎ダンボールで恐竜作り、タルボサウルス

▶︎ダンボールで作る恐竜、タルボサウルスに模様をつけました

▶︎ダンボールで恐竜作り、イグアノドン

▶︎ダンボールで恐竜作り、プテラノドン

▶︎ダンボールで恐竜作り、クロノサウルス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする