具材は3つだけ!シンプルほたてとしめじエリンギの洋風炊き込みご飯

土鍋のかまどさんで作る炊き込みご飯、今回は、ほたて飯を洋風で作ってみたいと思ます。
いつもは醤油味のほたて飯をよく作っていますが、さて、どんな仕上がりになるのでしょう。

具材はシンプルに3つだけにしてみますね。
ベビーほたて、しめじ、エリンギだけで。
その他の材料は、だし昆布(なければ顆粒昆布だしのもと)、バター、オリーブオイル、塩、コショウ、

まずはお米の準備から。お米2.5合をといでザルに上げて20分くらい置いておきます。

なぜ2.5合かというと、2合では少し少ない、3合で炊くと具材がある場合、3合炊きの土鍋がいっぱいになります。
問題はないのですが、具材がある場合は2.5合で炊くのがちょうどいいことに最近気づきました。このあたりは臨機応変に。
今回は具材が少ないので3合でも全然大丈夫だと思います。

そして炊く時のスープの下準備、と言っても計量カップに200ccの水かぬるま湯を入れてコンソメの素1個と塩2/3くらい入れて溶かします。のちにプラス250ccの水を足してご飯を炊きます。今はスープの素と塩を溶かしておくだけです。

その間に具材の準備です。


ベビーほたてを貝柱とヒモに分けます。内蔵も貝柱から外します。ヒモは2cmくらいに短く切ります。その方が食べやすいです。

しめじは石づきを切り取って、4等分くらいにカットします。エリンギは根元に包丁で切れ目を入れて手で縦に細く裂きます。裂けたら包丁で2〜3cmにカットします。

フライパンにオリーブオイルをひいてバターを溶かしてほたてをさっと炒めます。すぐにしめじとエリンギを入れてさっと炒めたら、軽く塩コショウをします。

もうこれだけでもおいしそうです。

土鍋にコンソメと塩を溶かした水200ccと水を250ccを入れてよく混ぜ、洗って置いておいた米を入れます。

だし昆布を乗せて、炒めたほたてときのこを上に乗せます。汁気があったらそれも入れます。

蓋をして中強火にかけて12〜13分加熱します。

火を止めたら20分蒸らします。

蓋を開けてみると、いい感じに炊けています。だし昆布を取り除いて、しゃもじでさっくりと混ぜます。

白いほたて飯、盛りつけて食べてみましょう!

ほたてとしめじ、エリンギの洋風炊き込みご飯の完成です!

気になるお味は…?
うむ、おいしいです。バターとほたて、きのこの組み合わせというのは抜群です!
どんどん食べられますね。
醤油味のほたての炊き込みご飯もおいしいですが、洋風炊き込みご飯もおいしい!

ピラフ風でピラフ好きな方は好きな味だと思います。私もピラフは大好きなのでこれはハマる味です。

洋風の炊き込みご飯は土鍋で炊いたことはあまりなかったのですが、さすがにおいしく炊けますね。
今回も失敗なし!
土鍋のかまどさんなら、どんな炊き込みご飯も失敗知らずですなんですね。自信をもっていろいろなのが作られます!
ぜひいろいろな炊き込みご飯を作って楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする