画用紙でトレインイーター作り

息子がYouTubeで見て気に入っている『目のいっぱいの電車』というのがあるらしく、言われても全く知りませんでした。

画像を調べてみたら、確かに電車の側面にたくさんの目がついているおばけ(?)
のようです。口の中には人間の形のおばけ(?)
もいます。名前はトレインイーター(train eater)。人間を食べるおそろしい電車らしいです。

こんなのです。不気味な電車です。

これを工作したいと息子に言われたので、一緒に作ってみることにしました。サイズは、子どもの腕にさせるくらいの太さで作ります。

まず赤い画用紙を丸めます。
長さが足りないので、少し足して長くしました。

次に白い紙を大小丸く切って、サインペンで黒目を描きます。

できた目を体にのりで貼りつけます。これは子どもの作業。好きな部分に目を貼りつけてもらいます。

口の歯ぐきと中の人間も作ります。

中の人間は、丸めた画用紙の大きさに合うように赤い画用紙に細いペンで絵を描いてから切り取ります。
シワなどを多めに描いています。両手と胴の所で本体に付けるので、長めにしておきます。

できたら、口の少し奥の方に手と胴部分をテープで貼りつけます。

歯ぐきは丸めた画用紙の大きさに合うように上は半円に切ります。
下は幅広のカーブに切ります。写真の歯ぐきは、カップスープの箱の赤い部分を切り取って利用しました。

歯を歯ぐきに合わせて画用紙で作ります。
白い画用紙に黒い細いペンで歯を描いて、切り取り、歯ぐきにのりで貼りつけます。

仕上げに、歯ぐきにシワ、影などをペンで描いて不気味な感じを出します。

歯ぐきと歯ができたら、テープで口の所に貼りつけます。ちょっとつけにくいのですが、なんとか貼りつけて形にできました。

トレインイーターができました。ざっくりと簡単にですが、なんとか雰囲気は出ました。サイズが子どもの腕にはめられるようにしたので、腕にさして遊んでいます。なんかいろいろなものを襲って食べています(笑)

気になるものは工作で作らずにはいられない息子。

気になる方は作って遊んでみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする