すごいこれは!びっくり圧倒される『キャベツくんのにちようび』

今回ご紹介する絵本は長新太さんの『キャベツくんのにちようび』です。

キャベツくんとブタヤマさんが歩いていると
大きなネコ達が「いらっしゃい、いらっしゃい」と手招きしています。
ふたりはこわいけどついて行くと…。
そこにすごい光景が広がっています!

そしてまたしばらくすると、
大きなネコ達が「いらっしゃい、いらっしゃい」と手招きしています。
ついて行くと…。
またすごい光景が広がっています。

すごい光景を見る度に、ブタヤマさんは
「ブキャッ」というおなじみのさけび声を出します。

絵本の中でブタヤマさんとキャベツくんがが驚いているのですが、
見ている子どもと私も気分は同じで『ブキャッ』となります(笑)
招き猫達に見せられる光景がすごすぎて圧倒されるのです。

なぜその光景なのかは誰にもわかりません。
このナンセンスさがいいんですよね。
キャベツくんとブタヤマさんと同じ風景を見て、一緒に驚いてその世界を体験する、
それがこの本の楽しさです。
シンプルでとっても読みやすいです。
ぜひ読んで見てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする