一家に一本!おすすめ書きやすい筆ペン

今回は、書きやすい筆ペンを2種類ご紹介します。
硬筆タイプと毛筆タイプのおすすめです。
どんな筆ペンがいいか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

筆ペンは大きく分けて硬筆と毛筆と軟筆いうタイプの3種類があります。
選ぶには毛筆に慣れているかいないかでタイプを選ばれるといいです。

硬筆はその名の通り、筆ペンなのですが柔らかくなく硬い書き心地です。
あまり筆ペンに慣れていない方におすすめです。
また、筆の感じが出せながら太くならないので、
細かいところや小さめの字を書くのにも便利です。
サインペンより書いた感じがきちんと感が出ます。

硬筆タイプの中でおすすめなのが、
呉竹の筆ごこちです。


扱いやすい筆風のペン先なので、筆ぺんが苦手な方におすすめです。
筆先は細く、少しだけしなりがあります。
これが少し筆ペン風に書ける秘密です。

宛名書き、のし袋、などちょっとした時に筆ペンがいる時にあると便利です。
インクは顔料インクで耐水性が強いです。
直液式で補充はできないタイプです。

毛筆は本格的な毛筆の書き心地です。
こちらは筆に慣れていない方だと少し難しく感じるかもしれないです。
毛質は大体がナイロン毛でできているものが多いです。
筆圧によって太くもなり細くもなるので、味わいある毛筆の字が書けます。

毛筆でおすすめなのが呉竹の万年毛筆 卓上 8号です。

こちらは本格的な毛筆の書き心地です。
毛質が細かくしなやかで、なめらかな書き心地のナイロン毛になっています。


毛のまとまりも良く、とても書きやすいです。
宛名書きやのし袋、年賀状にも使えますね。

またこの筆ペンのもうひとついいところは、
スペアインク式になっています。

筆ペンの本体の持ち手全体を変えるインクカートリッジ式より扱いやすいです。
なぜなら、インクカートリッジ式はインクを出すために
根元を少し手で押すのですが押しすぎるとインクが出過ぎる、
控えめに押すとインクが少なくてかすれてしまう…。

スペアインク式だと、インクを差し込むだけで
自然とインクが筆先に出てきます。
これはインクの出すぎたり出なさすぎのストレスなく使うことができます。

インクは染料インクです。
最初に本体を買った時に2本ついています。


なくなったら別売りで5本入りがあります。

軟筆は筆全体がひとつにまとまっていて、全体にインクがしみてきて書きます。
書き味はキュッキュッとした感じです。
太い筆の線が出したいけれど、柔らかいのは書きにくい
という方はこういうタイプを使われるのもいいと思います。

以上、硬筆タイプ、毛筆タイプ、軟筆タイプの説明と
おすすめの筆ペン2種類をご紹介しました。
筆ペンがいるけど、どんなのがいいのかわからない、という方は
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする