とても寒がりのふくろうおばさんのお話『はるですよふくろうおばさん』

今回ご紹介するのは長新太さんの絵本
『はるですよふくろうおばさん』です。

ふくろうおばさんはとても寒がりです。
体がすっぽり入るセーターを編んで着ています。

それでも寒いので毛糸で袋を編んで
身の回りのものに次々とかぶせていきます。
そして…。

寒いのはわかるけれど、ふくろうおばさんどこまで袋をかぶせていくの?
最後には規模が大きすぎて笑ってしまいます。
エスカレートするふくろうおばさんの行動に子どもは大喜びです。

これは子どもがすごく気に入って何回も何回も読んでいます。私も大好きな本です。
文字は少なめなので3歳くらいの子から読めると思います。気になる方はチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする