かぼちゃみたいなさつまいも!

子どもが幼稚園のいも掘りで持って帰ってきたさつまいも。新聞紙に包まれたさつまいもを開けて見てみると…。

ひと塊の大きなさつまいもです。
なんだこれ?かぼちゃみたい!と子どもはおおよろこび。

洗ってよく見てみると、やっぱりひとつのさつまいもです。小さい芋がくっついてできたような感じです。

上から見るとこんな感じです。

これは食べられるのかな?
中はどうなっているのかな?ということで半分に切ってみることに。

切ってみると、なかは虫食いもなくきれいな状態でした。
食べられそうなので、蒸して食べることにしました。

土鍋に水を入れて蒸し器を置き、さつまいもを並べます。
スペースがもったいないので家に買ってあったさつまいもをひとつ一緒に入れました。

あとは強火にかけて、蒸気が出てきたら火を中火にして30分ほど蒸して様子を見ます。

つまようじを刺してみたところ、少し固いようだったので、さらに10分蒸らしました。

さあ、蒸しあがりました。
蒸した断面はどうなっているでしょう?

やわらかく蒸されているようですね。
おいしそう!

さらにフォークで半分に割って断面を見ると、ホクホクにできています。

早速いただきます!
ホクホクおいしくできています。
あまくてこのホクホク感が栗みたいな感じもしますね。
大きいさつまいもは小さいさつまいもよりホクホクしておいしい、そんな気がします。
秋の味覚、いいねーと言いながら家族みんなでおいしくいただきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする