美しい昆虫の写真を楽しめる『超微細 昆虫図鑑』

今回ご紹介する絵本は、『超微細 昆虫図鑑』です。

これは子ども向けの本ではなく一般図書です。
図書館でたまたま見つけて、少し見てみると虫好きの子どもが好きそうだったので借りてみました。

内容は美しい色彩の虫の図鑑です。


本のタイトルどおり、超細密な写真が載っています。
あとは、虫の名前と説明というシンプルな構成で写真がメインになっています。

虫はアップで見るとこんなにトゲトゲだったの!?こんなに毛がふさふさしていたの!?
色もきれいで、色鮮やかだったり、真っ白な虫だったり、
七色に輝いていたり、細密な虫の写真に感嘆しながらページをめくって見てしまいます。

カマキリもアップで脚のところをみると、蟹の手みたいにゴツゴツしているんですね。
息子のお気に入りの『ケンランカマキリ』の前脚です。

全部で36種類の虫の写真が見られます。
虫好きな方は見たことのない美しい虫の写真を楽しんで下さいね。

虫の細密な写真なので、苦手な方は気持ち悪く思うかもしれませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする