すごくハマる絵本『ぶたのたね』

今回ご紹介する絵本は、
佐々木マキさんの『ぶたのたね』です。

足のとても遅いおおかみがいました。
豚よりも足が遅くて、一度も豚をつかまえて食べたことがありませんでした。
いつものように豚をつかまえられなくてくやしがっているところに
キツネ博士が通りかかりました。
キツネ博士は、一度でいいから豚をつかまえて腹いっぱい食べてみたい
という話をおおかみからきき、
発明したぶたのたねをオオカミにあげました。


おおかみはぶたのたねを育ててみることにしました。
木が大きく育って…。

主人公のオオカミは足が遅い上に、どこかしらなさけない感じです。


そこが見ていてかわいそうなんだけど、
なさけなさすぎておかしいんです。
オオカミなのに全然オオカミらしくないキャラクター。
そして、キツネ博士からもらった謎のぶたのたね。

種を植えてから、現実ではありえない現象に子どもは大うけで、とてもおもしろがります。
読んでいると笑いが止まりません。
息子がすごくハマってたくさん読みました。
私も好きな絵本ですね。

絵もシンプルで見やすく、読みやすいですよ。
ぜひ読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする