米とぎをするならこのステンレスボウルしかない!

我が家ではステンレス製の米とぎボウルを使っています。
佐藤金属興業の3WAY水切りボールというボウルです。

それまでは100円ショップのプラスチックの米とぎボウルを使っていました。
特に不自由は感じていなかったのですが、
主人が「良いらしいから買ったよ」と言うことなので、使ってみることに。

使ってみると、すごく使いやすい!
お米が洗いやすい!
手入れしやすい!

ボウルの側面にあいているパンチングがいい仕事してくれます。

凹凸がないので、引っかかったりすることがないです。
また、絶妙な大きさなのでお米が詰まったりすることもないです。

ボウルはステンレス製なので洗いやすく、丈夫で清潔です。
いつもきれいでピカピカのボウルは気持ちがいいですね。

このステンレスボウルを使い始めて知ったことなんですが、
プラスチックのボウルは少しずつ傷がついて磨耗し、体内に入ってしまってよくないらしいです。

ですので、家にあったプラスチックボウルは処分したり子どもの遊びに使うことにして、キッチンでは使わなくなりました。

みなさん気になることといえば、大きさかなと思います。
キッチンに置いておいて邪魔にならないかしら?

普段使う直径18cm、高さ9cmのガラスボウルを並べて比較してみます。

ステンレスのボウルは内寸直径21cm、高さは12cmあり、大きめのボウルよりさらに大きいことがわかります。

ではこのボウルはキッチンで邪魔になるのでは?
いいえ、なりません。
このボウル、非常に便利でして、米とぎ以外にも様々な用途があるのです。

底が水平と左右に傾けられるようになっており、
穴のある方に傾けると水切り、
水平にすると、流水洗い、
ない方に傾けると水をためたり物を入れたりボウルとして使えます。

特に水切りは文句なしの性能です。
パンチングの穴がとにかく優秀!
パスタやうどん、ラーメン、そうめんなどの麺類の湯切り、流水洗いがこれ1つでできちゃいます。

パスタ。

うどん。

水切りもスムーズです。

そして普通のザルだと湯切りした後、麺が食い込んでザルに残ってあとで洗いにくい、
なんてことがあり、地味にストレスになることがあります。
パンチングの穴だとそういったことが全くなく、
簡単に洗い物ができます。
うれしいですよね。

こちらはマカロニの湯切り。
スッキリ湯切りできます。
食い込みなし!

流水洗いも、そうめんや冷やし中華の麺、野菜を洗うときに便利です。

そうめんもこのボウルひとつでOK!

ボウルとしての機能も優秀でして、普通にボウルとして使えます。大きさも十分です。
野菜の塩揉み、肉など下味をつけて置いておく、ごぼうのアク抜き、ハンバーグ作りにも使えます。

ひとつのボウルで色々な役割ができるので、
これがあれば他のボウルやザルを使うことがほとんどなくなります。

米とぎボウル、ボウル、ザルの3つを洗って置いておく場所がこのボウルひとつのスペースですみます。
キッチンもスッキリです!

このボウルは毎日の米とぎ、料理のボウルや水切りのザルとしてキッチンで非常に重宝します。
とてもおすすめなので、米とぎボウルをお探しの方はチェックしてみて下さいね。
一人暮らしを始める方にもおすすめです。
このボウルひとつ持っておけば安心です。
キッチンにこのボウルをぜひ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする