手作りイカゲームの福笑い

お正月なので福笑いをして遊ぼう、ということになりました。

子どもは福笑いがどんな遊びか知らないので、どんな道具でどんな遊び方をするのか説明しました。

まずは顔と顔のパーツを作ります。
担当は子どもです。
顔は子どもが最近ハマっているイカゲームにすると言います。
まずは目、鼻、口を紙に描きます。

たくさんあるのは、なくなった時の為の予備だそうで(笑)

次はベースの顔を別の紙に描きます。
体も後で描き加えました。

目と鼻と口を切り取ります。
後で口だけ赤で塗りました。

さあ、早速遊んでみましょう。
手ぬぐいで目隠しして、横にいる人からひとつずつパーツを渡してもらいます。
目隠しした人は思うところにパーツを置いていきます。

目隠しを外して見てみると…。

まずは私。
口や鼻が変な方向になってしまいました。
続いて息子。

鼻がまったくおかしな方向に置かれてしまいました。

もう一度慎重に置いたつもりでも…。

パーツ全体が上すぎる(笑)

やっぱりぐちゃぐちゃ、
おばけー(笑)

福笑いはやる人も、そばで見ている人も楽しめる遊びです。
目隠しを外した時のみんなの笑いが楽しくていいですね。
本当に福が来そうな気がします。

皆さんも好きな顔を作って福笑いを楽しんでみて下さいね。
簡単に作れてとても楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする